スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン金利が下がった

久々の更新です。

去年のサブプライプ以降、景気が悪く。

住宅ローンの金利も、多少なりとも下がっているようです。

今後どうなるか、まだわかりませんが、長い目で見れば今の金利はかなり低いと思います。

住宅ローンは繰り上げ返済すべき?

住宅ローンの繰り上げ返済については、どうでしょうか。

これもみなさん、できるだけ繰り上げ返済をして、早くローンを終わらそうとします。

確かに、そうすればするほど総支払額が減り、損得という意味においては得をします。



でも、やはりこの繰り上げ返済においても、住宅ローンのリスクを考えるべきなのです。

(詳しくは住宅ローンの頭金 と 住宅ローンの返済期間の話を参照ください)



繰り上げ返済をすることばかりに集中してはいけません。

繰り上げ返済をするくらいなら、その分を貯金していた方がよっぽどいいです。

子供になにかあっても使えますし、ときには家族で旅行へ行くのもいいと思います。



全てのことを我慢して返済のことだけに集中しては、何のためのマイホームかわかりません。

なので、繰り上げ返済はできるだけしない方がいいと思っています。



ただ、人生で1回だけ繰り上げ返済を検討してもいいときはあります。

それは、定年退職をしたときです。

その頃には、子供の事とかだいたいの大きな出費は終わっています。

終わってなくても、今後予想される大きな出費はだいたい予想がつきます。

なので、そのときに残りの残金を貯金してきたお金で、いっきに返済してもいいと思います。


そこらへんは、その時の状況に応じて個人個人で考えればいいと思います。

住宅ローンの返済期間は

住宅ローンの返済期間についてはどうでしょうか。

これも、みなさん出来る限り短く組もうとします。

それがいけないわけではありませんが、損得に走りすぎです。



確かに返済期間を短くすれば、総支払い金額は少なくてすみます。

でも、それだけではダメです。



これも、住宅ローンの頭金の話と同じように、リスクについても考えなくてはいけません。

返済することばかりに集中していると、幸せな生活がおくれません。

いい住宅ローンを選択できた時点で、いったん損得の話はおいといてリスクを考えるべきです。



団体信用生命保険に加入するため、夫にもしもとことがあれば住宅ローンはなくなります。

家族全員で住宅ローンを返済することだけに頑張って、誰かが過労死にでもなったら意味がないのです。

そんなことにでもなったら、変な話ですが、返済損になってしまいます。



返済期間は出来る限り、長く組むことをお薦めします。

長い期間を短くすることはいつでも出来ますが、短い返済期間を長くすることはできません。



なので、返済計画はあくまでも、ゆとりをもって最長期間で立てるべきなのです。

マイホームをもつとは、住宅ローンの返済に追われるためではありません。

家族が幸せになるためなのです。

住宅ローンの頭金はどのくらいがいい

住宅ローンを組む場合、頭金をどのくらい積むか。

について、どうしようか悩む方がけっこういます。

そして、できるだけ多くの頭金を積もうと努力する方が多いです。



実は、頭金はできるだけ積まない方がいいのです。

えっ! と思われた方が多いと思います。



みなさん損得ばかりを考えすぎて、リスクについて考えることを忘れています。

住宅ローンを組む上でのリスクとはなんでしょうか。




夫にもしものことが・・・・・ という時でしょうか。

違います。

住宅ローンを組む場合、必ず 「 団体信用生命保険 」 に加入します。

つまり、夫にもしものことがあった場合は、住宅ローンが完済されるのです。

もう一度言います、住宅ローンが無くなるのです。



言い方を変えれば、住宅ローンは生命保険と一緒なのです。

ようするに、手持ち資金はちゃんと残して、ゆとりある返済計画を立てなくてはいけないのです。

逆に、頭金をいっぱい積んで、夫にもしものことがあったらどうでしょう。

家の借金はなくなりますが、貯金が無くては残されたご家族も大変です。



なので、損得だけを考え、ただ住宅ローンを早く返すことだけに集中してしまうのは、よくありません。

余裕の無い返済計画を立ててしまうと、生活はギスギスしてきます。

そうなると、何のための・誰のためのマイホームか分からなくなってしまうのです。


フラット35とそれ以外の住宅ローン

ここで再度、フラット35と他の住宅ローンの違いについて書きたいと思います。

大まかな内容は、前項のフラット35で説明したとおりです。

今回は、もうちょっと細かい内容です。



団体信用生命保険料


通常の金融機関の住宅ローンには、団体信用生命保険料が金利分に含まれています。

それに対し、フラット35は金利分には含まれていないので、別途支払わなければなりません。

そのため、同じ金利なのに、毎月の支払いはフラット35の方が多くなります。

なので金利を比べる場合は、フラット35の金利に0.25を加えてから、他の住宅ローンと比べましょう。

(団体信用生命保険料は金利にすると、だいたい0.25くらいだと言われています)



保障料と事務手数料


フラット35は保障料が無料ですが、事務手数料がけっこう高いです。

金融機関の住宅ローンは保障料が高いですが、事務手数料が安いです。

なので、これは総合すると、さほどの金額の差がなくなるケースが多いので、気にしなくていいと思います



繰上げ返済手数料


フラット35は繰り上げ返済手数料は無料です。

それに対し、銀行などの金融機関の住宅ローンは、繰り上げ返済手数料をとられます。

お金を早めに返すのにお金がかかるなんて、なんか不自然ですね。

多分、銀行は予定以上に早く返済してほしくないのでしょう。

金利分がとれないからでしょうね。



収入合算


共働きをしているご家庭は、2人の収入を合算して借り入れをすることができます。

その場合、団体信用生命保険の適用を通常の住宅ローンは比率の設定をする。

例えば、夫:7割 妻:3割、という具合に設定します。

そうすると、夫にもしものことがあった場合、残金の7割がなくなります。

逆に、妻にもしものことがあった場合、残金の3割がなくなります。

ただ、フラット35は違います。

どちらかに、もしものことがあっても、残金の全額がなくなります。

なので、共働きのご家庭にはフラット35がお薦めとも言えます。

プロフィール

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。