スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/12-95ef960c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンは金利の比較だけでは絶対に失敗しますサイトトップ >選ぶべき住宅ローンのタイプ >>フラット35とそれ以外の住宅ローン

フラット35とそれ以外の住宅ローン

ここで再度、フラット35と他の住宅ローンの違いについて書きたいと思います。

大まかな内容は、前項のフラット35で説明したとおりです。

今回は、もうちょっと細かい内容です。



団体信用生命保険料


通常の金融機関の住宅ローンには、団体信用生命保険料が金利分に含まれています。

それに対し、フラット35は金利分には含まれていないので、別途支払わなければなりません。

そのため、同じ金利なのに、毎月の支払いはフラット35の方が多くなります。

なので金利を比べる場合は、フラット35の金利に0.25を加えてから、他の住宅ローンと比べましょう。

(団体信用生命保険料は金利にすると、だいたい0.25くらいだと言われています)



保障料と事務手数料


フラット35は保障料が無料ですが、事務手数料がけっこう高いです。

金融機関の住宅ローンは保障料が高いですが、事務手数料が安いです。

なので、これは総合すると、さほどの金額の差がなくなるケースが多いので、気にしなくていいと思います



繰上げ返済手数料


フラット35は繰り上げ返済手数料は無料です。

それに対し、銀行などの金融機関の住宅ローンは、繰り上げ返済手数料をとられます。

お金を早めに返すのにお金がかかるなんて、なんか不自然ですね。

多分、銀行は予定以上に早く返済してほしくないのでしょう。

金利分がとれないからでしょうね。



収入合算


共働きをしているご家庭は、2人の収入を合算して借り入れをすることができます。

その場合、団体信用生命保険の適用を通常の住宅ローンは比率の設定をする。

例えば、夫:7割 妻:3割、という具合に設定します。

そうすると、夫にもしものことがあった場合、残金の7割がなくなります。

逆に、妻にもしものことがあった場合、残金の3割がなくなります。

ただ、フラット35は違います。

どちらかに、もしものことがあっても、残金の全額がなくなります。

なので、共働きのご家庭にはフラット35がお薦めとも言えます。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/12-95ef960c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。