スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/3-b288a195

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

返済計画は年返済率で考える

前章の家賃と住宅ローン・・・では、家賃と住宅ローンを同じに考えてはいけないことを書きました。

では、どのように住宅ローンの返済計画を立てればいいのでしょうか。

ズバリ申しますと、年返済率で考えるのが鉄則です。



年返済率とは、年収に対しての住宅ローンの返済額の比率です。

年収に対して○○%返済にあてる、という考え方です。

ここで間違ってはいけないのが、年収とは手取りではなく年間の総収入額です。

「源泉徴収表」 もしくは 「確定申告」 の一番大きな数字です。

(源泉徴収表でいう左上の一番大きな数字)



その総収入額 (年収) に対する、年間の返済比率は以下の通りです。

総収入額(年収)が 500万円以上の方 → 35%以下

総収入額(年収)が 500万円未満の方 → 30%以下

この金額を絶対に超えない、というのが鉄則です。



銀行によっては、40%を超えて貸してくれる銀行もありますので気をつけましょう。

こんな数字は、ハッキリ言って自己破産しろと言っているようなものでうす。



例えば、総収入額 (年収) が400万円の方でご説明します。

年返済額の算出  400万円 × 0.3 (30%) = 120万円

月々の返済額    120万円 ÷ 12ヶ月 = 10万円



よって年収が400万円の方は、月々の返済額が10万円までならOKということです。

他の言い方をすれば、10万円が支払い限度額となります。

それを逆算することで、借りても良いお金の総額が算出できるのです。



どうぞ、ご自分の年収から月々の支払い限度額を計算してみて下さい。

どうでしょうか

「え~無理~、こんなに毎月払えない~」

という声が、もしでるのであれば、計算方法に問題があるのではなく、家計に問題があるのです。



そのことについては、別の項で詳しくご説明します。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/3-b288a195

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

loan77

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。