スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/6-956d3995

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンは金利の比較だけでは絶対に失敗しますサイトトップ >生命保険の見直し >>日本人は生命保険に入りすぎ

日本人は生命保険に入りすぎ

日本人は保険の入り過ぎだと言われています。

その中でも一番入り過ぎている保険は、生命保険ではないでしょうか。

そもそも保険とは、どういうものなのでしょうか。

簡単に言うと、「経済的な打撃を回復するための制度」 だと理解していいと思います。



もしものときに、今までと同じくらいの生活ができればいいのです。

それ以上のお金もいりませんし、それ以下でも困ります。



世の中の9割の方が加入している生命保険は、更新型というタイプの生命保険です。

決められた年齢ごと、保険料(掛け金)が上がるタイプの生命保険です。

しかも、おりてくる保険金額は、そのときの年齢に関わらず同金額なのです。



例えば、死亡保障で5,000万円かけていた方がいたとします。

30歳で死亡となろうが、50歳で死亡となろうが、同じように5,000万円の保険金額がおりてきます。

それのどこが問題なのでしょうか。



「経済的な打撃を回復するための制度」

という見かたからすると、保険金額というのは年齢によって受取額が変わってくるはずです。

つまり、年齢が若い方というのは、子供も小さいのでまだまだ大きなお金が必要です。

それに対し、子供が巣立つころの方というのは、前者の方ほど保険金額が多くなくていいはずです。



ようするに、本当は年齢が増すにしたがって、保険金額を下げてもいいはずなのです。

それを一律に年齢に関わらず、もしものときはいくら、と決めている生命保険がほとんです。

だから、毎月の保険料が高く、しかも年齢によって段階的に保険料が上がっていくのです。



なので、そういう観点から生命保険を比較検討し、見直して選び直すことが必要なのです。

そうすることで、毎月の保険料をかなりおさえることができるのです。

そこで得た差額のお金を、本当に必要なものに使うのです。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/6-956d3995

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

loan77

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。