スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/7-dc375462

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

住宅ローンは金利の比較だけでは絶対に失敗しますサイトトップ >生命保険の見直し >>年齢に応じ保険金額が変化する低減定期保険

年齢に応じ保険金額が変化する低減定期保険

今回のお話は、低減定期保険についてです。

生命保険の受け取り金額というのは、年齢に応じて変化した方がいいし、変化するべきなのです。

若いころの方がお子さんが小さく、保険金額は多く必要となります。

年をとればとるほど、保険金額は少なくていいはずです。

世に出回っている生命保険のほとんどが、年齢に限らず死亡でいくら、という生命保険です。

(上記の話は前章の日本人は生命保険に入りすぎをご参照ください)



そこら辺の問題を考慮して、つくられた生命保険が低減定期保険です。

年齢に応じて受け取る保険金額が変化します。

年齢が大きくなればなるほど、保険金額が下がるのです。



例えば、30代で5,000万円、40代で4,000万円、50代で3,000万円

という感じで受け取れる保険金額が年齢に応じ、どんどん下がっていくのです。

このようにすることで、保険会社としてもリスクが減るので、毎月の保険料がかなり安くなります。



保険の概念、「経済的な打撃を回復するための制度」

もしものことが起こる前と、起こった後で、経済的に困らないようにする。

徹底してその考えに徹すれば、低減定期保険のようなタイプの生命保険で十分なのです。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/7-dc375462

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

loan77

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。