スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/9-134edbb4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

毎月の生命保険料は?

今ある生命保険としては、生活保障保険がいいということは、ご理解できたと思います。

では、実際にどのくらいの金額の生活保障保険に加入するかです。

これを間違えば、元も子もありません。



実際に例を使ってご説明します。

毎月30万円の給料であったご主人のご家庭で計算してみましょう。

夫にもしものことが起きた場合、夫自身の食い扶持がなくなります。

30万円 × 0.7 (通常はこのくらい) = 21万円

このご家庭は、毎月21万円あれば夫が生きていたときと同じ生活できるということです。



そこで、じゃあ生命保険で21万円毎月入るようにと考えがちです。

しかしながら、みなさん遺族年金を忘れています。

これを計算に入れていない方がほとんどです。

ましてや保険屋さんは、知っていても計算に入れてくれません。

当然です。保険料が減ってしまうからです。



通常お子さんがいる夫が亡くなられた場合、14~16万円の遺族年金を受け取ることができます。

(多少個々によって異なるので、詳しくは社会保険事務所にお問合せ下さい)

ということは

21万円 - 14~16万円 = 5~7万円

ということで、多く見ても毎月10万円あれば以前と同じ生活がおくれることになります。

心配なら、15万円くらいにすれば充分すぎるくらいです。



このくらいの生活保障保険の毎月の保険料は、年齢にもよりますが、おおむね5,000円前後です。

とってもリーズナブルではないでしょうか。

毎月の生命保険料を1.5万円くらい払っている人はけっこういます。

その分の差額を住宅ローンにまわすなり、他に使った方が絶対にいいに決まっています。

みんな保険屋さんのために働いているわけではないのですから。
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loan77.blog81.fc2.com/tb.php/9-134edbb4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

loan77

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。