スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラット35とは

長期固定金利を選ぶにしても、実はいろいろあります。

金融機関でも独自の商品として、35年固定金利をあつかっているところもかなりあります。

その中でも全国的にお薦めできるのが 「 フラット35 」 です。



フラット35とは、「 証券化ローン 」 ・ 「 公庫提携ローン 」 などと言われている住宅ローンです。

従来の住宅金融公庫が直接金融だったのに対し、フラット35は間接金融となっています。




直接金融の流れ ⇒ 住宅金融公庫 → 消費者(お施主様)

間接金融の流れ ⇒ 住宅金融公庫 → 金融機関 → 消費者(お客様)

間接金融の特徴としては、金融機関が間に入ることで、金融機関ごと金利が異なるのです。



全国的に調べると、金利が高いところと低いところでは、1%ちょっとは違ってきます。

金利の1%ですから、大きい違いですね。

やる気のあるところとないところでは、これだけ違うんですね。



なので、ネットで金利が低く手数料も安いところを探しましょう。

田舎にお住まいの方も、東京の金融機関のフラット35もお使いになれますので心配要りません。

それと平行して、お近くの金融機関の35年固定の金利も調べましょう。

意外にいい、商品があることがあります。

住宅ローンのタイプ

世の中にはいろんなタイプの住宅ローンが存在します。

数にすれば、5,000種類は超えるでしょうか。

その中から自分に合ったベストな住宅ローンを選ぶ・・・・・、気が遠くなりなりませんか。

でも、心配要りません。

住宅ローンというのは、原理原則から考えると大きく2種類に分類されます。



変動権利と固定金利です。

変動金利とは、実際に返済が終わってみないと、返済総額が誰にもわからないもの

固定金利とは、借りる前から実際の総返済額がはっきりわかっているもの


両方とも同じ金利というものですが、性質がまったく違うものなのです。



ちなみに、金融機関でいう、5年固定・10年固定の住宅ローンはどっちでしょうか。

まぎれもなく、変動金利です。

5年後・10年後からは、金利がどのくらいになるかわかりませんよ、と言っているようなものです。



誤解していただきたくないのですが、変動がいけないと言っているわけではありません。

固定金利か変動金利かは、時代背景によって選ばなくてはいけません。

景気が右肩上がりのときは、固定金利を選択すべきです。

金利も景気につられて上がっていってしまうからです。

反対に、景気が右肩下がりのときは、変動金利を選択すべきです。

金利が景気につられて下がっていくからです。



どちらの時代背景か、悩むようなら固定金利にしておいた方がいいです。

世の中的には、フラット35が定番になりつつあります。

それに、固定金利から変動金利の変更は可能ですが、その逆は難しいです。



いずれにしても、慎重に選択しましょう。

住宅ローンでこれを間違うと、500万円くらい簡単に変わってきてしまいます。

毎月の生命保険料は?

今ある生命保険としては、生活保障保険がいいということは、ご理解できたと思います。

では、実際にどのくらいの金額の生活保障保険に加入するかです。

これを間違えば、元も子もありません。



実際に例を使ってご説明します。

毎月30万円の給料であったご主人のご家庭で計算してみましょう。

夫にもしものことが起きた場合、夫自身の食い扶持がなくなります。

30万円 × 0.7 (通常はこのくらい) = 21万円

このご家庭は、毎月21万円あれば夫が生きていたときと同じ生活できるということです。



そこで、じゃあ生命保険で21万円毎月入るようにと考えがちです。

しかしながら、みなさん遺族年金を忘れています。

これを計算に入れていない方がほとんどです。

ましてや保険屋さんは、知っていても計算に入れてくれません。

当然です。保険料が減ってしまうからです。



通常お子さんがいる夫が亡くなられた場合、14~16万円の遺族年金を受け取ることができます。

(多少個々によって異なるので、詳しくは社会保険事務所にお問合せ下さい)

ということは

21万円 - 14~16万円 = 5~7万円

ということで、多く見ても毎月10万円あれば以前と同じ生活がおくれることになります。

心配なら、15万円くらいにすれば充分すぎるくらいです。



このくらいの生活保障保険の毎月の保険料は、年齢にもよりますが、おおむね5,000円前後です。

とってもリーズナブルではないでしょうか。

毎月の生命保険料を1.5万円くらい払っている人はけっこういます。

その分の差額を住宅ローンにまわすなり、他に使った方が絶対にいいに決まっています。

みんな保険屋さんのために働いているわけではないのですから。

一番いい生命保険は生活保障保険

生命保険で今のところ一番いいのは生活保障保険です。

この保険の一番の特徴は、毎月支払われるということです。

一括で3,000万円や5,000万円ではなく、毎月20万円など決められた金額が支払われます。



なにかあったときから毎月支払われます。

そのなにかあったときが、年をとっていればとるほど受け取る保険金額が少なくてすみます。

なので、保険会社としてもリスクが減るので、毎月の保険料が安くすみます。



また、毎月というのがいいのです。

ただでさえ、夫にもしものことが起きて、残された家族は気が動転しています。

そんなときに何千万もの保険金額が支払われても、そのお金を有効活用できないケースもあります。



信じれないかもしれませんが、保険金が支払われたことを知り、別荘など売りつける者もいます。

通常ならそんなもの買わない人でも、気が動転しているがために購入してしまう人もいるのです。

だから、大切な財産を守る意味でも、毎月の分割払いはいいのです。

どんなに変なやからが近づいても、大金は手にしてないので払いたくても払えません。



若いときは多くの保険金額が得られ、年を増すごとに保険金額が少なくなる。

保険会社と保険加入者のお互いのリスクを減らし、保険料を安くする。

その点では、低減定期保険と一緒です。

それに毎月の分割払いという特徴を加えたのが、今回ご紹介した生活保障保険です。

今のところ、このタイプの生命保険が最高でベストだと思います。

年齢に応じ保険金額が変化する低減定期保険

今回のお話は、低減定期保険についてです。

生命保険の受け取り金額というのは、年齢に応じて変化した方がいいし、変化するべきなのです。

若いころの方がお子さんが小さく、保険金額は多く必要となります。

年をとればとるほど、保険金額は少なくていいはずです。

世に出回っている生命保険のほとんどが、年齢に限らず死亡でいくら、という生命保険です。

(上記の話は前章の日本人は生命保険に入りすぎをご参照ください)



そこら辺の問題を考慮して、つくられた生命保険が低減定期保険です。

年齢に応じて受け取る保険金額が変化します。

年齢が大きくなればなるほど、保険金額が下がるのです。



例えば、30代で5,000万円、40代で4,000万円、50代で3,000万円

という感じで受け取れる保険金額が年齢に応じ、どんどん下がっていくのです。

このようにすることで、保険会社としてもリスクが減るので、毎月の保険料がかなり安くなります。



保険の概念、「経済的な打撃を回復するための制度」

もしものことが起こる前と、起こった後で、経済的に困らないようにする。

徹底してその考えに徹すれば、低減定期保険のようなタイプの生命保険で十分なのです。

プロフィール

loan77

Author:loan77
現役で工務店に勤め、設計から現場管理から営業まで全てをこなしています。あるときから住宅ローンについて研究を開始しました。いろいろ知れば知るほど、銀行には任せておけないことがわかってきました。今回は住宅ローンにまつわる情報を公開していきたいと思います。

検索フォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。